様々な家具の修理を行ない長く物を使い続ける

家具の修理業者

リビングルーム

気に入っている家具や、昔から使われている家具が壊れてしまった場合や、調子がおかしい場合、家具修理の専門業者に依頼して長く使うことができます。新品のように作り変えることも可能なので、自分の好みに合わせて依頼を行ないます。

Read more »

給湯器を選ぶ

緑のバスケット

給湯器を選ぶ時に、エコジョーズを選んでいる人も多くいます。エコジョーズは、二酸化炭素の排出を抑えたもので、環境にやさしい商品として知られています。排水管が必要になるので、排水管の設置等を考えることが大切です。

Read more »

カーテン以外のもの

工具 アップ

現在カーテンでなく、ブラインドを窓にかける人が増えています。素材によって部屋の雰囲気が一気に変わるため、人気があります。ブラインドは扱いによっては壊れることもあるため壊れた場合は専門の修理業者に依頼します。

Read more »

修理か廃棄か

ベッドルーム

家具が壊れてしまった場合、廃棄するか修理するかの選択をしなくてはなりません。最近の激安系の家具は外観は良くても接着剤を多用して仕上げられているので修理が困難です。しかし、昔の職人が作った家具はバラすことが出来るように作られています。 このような古い家具修理を専門に請け負っている家具修理店があります。そちらで状況などを説明して、出来れば見てもらうと良いです。家具修理のお店が何処にあるかわからない。そんな場合こそ、ネットで検索して下さい。何件か検索でヒットするはずです。ただし、近所に無い場合も多く、その輸送には手間と送料がかかることは覚悟しておいて下さい。 壊れた家具を廃棄して新しい家具を買うか、修理するか、その決断には悩むと思います。十分悩んで下さい。そして納得した決断を自分自身で行って下さい。後悔がないように。

昔は嫁入り道具として家具を持ち込むことが定番でした。化粧台やタンスなどです。しかも、それらが先祖代々受け継がれている古いものであることもありました。そういった歴史を刻まれた家具は、もはや単なる家具ではありません。苦楽を共にした相棒や家族のような存在です。何も言いませんが、いつも見守ってくれていた存在です。 このような家具が壊れてしまった場合、何の感情もなく捨てられる人など居るのでしょうか。そんな人は極少数で、殆どの人は何とかしたいと考えるはずです。 昔の家具は職人が丹精込めて作ったものですので、修理ができます。今の家具は接着剤多用で修理が難しいですが、昔の家具は違います。基本的にホゾなどを多用した組み込みで作られています。家具分解と家具修理を前提で作られていたのです。

家の防犯

古いソファー

ホームセキュリティーは留守しがちな家や、日中誰もいないような家の人たちが加入するケースが多いです。セキュrティの面だけでなく、鍵の紛失や救急ボタンを押すと助けが来るようなサービスが行われています。

Read more »

家具の組立て

おしゃれなインテリア3

家具を移動したいと考えている場合、場合によっては一度ばらして再度組み立てる方が早いこともあります。すぐに組み立てられるような作りの家具も多くなり、家具の購入の際も送料を抑えることや持ち運びが簡単というメリットがあります。

Read more »